社会福祉法人の税


社会福祉法人は、課税対象か非課税なのかが非常に難しいです。公益性が高いので一見、非課税と思われる方が多いですが、業務内容によっていは税金を支払わなければなりません。

社会福祉法人にかかる税金の種類

(1)法人税
法事税の申告義務があるかないかは、法人税法上の収益事業に該当するかどうかによって決まります。また、申告義務があるからといって絶対に税金を支払う必要はありません。この部分が一番難しいです。納税が必要かどうかは、専門機関でよく聞きましょう。会計事務所などに相談するのも良い方法です。
(2)消費税
現在、多数ありますが、介護保険サービス、自立支援法にもとづく障害者サービス、委託事業でのさまざまな収入、支出に消費税が課税されるか非課税かの判断には税の知識が必要となってきます。また、社会福祉法人となると、納税する消費税も非常に複雑なのです。まずは専門機関へ相談しましょう。
(3)厳選所得税
社会福祉法人の場合、支払う必要経費も多く、給与以外の源泉所得税が課税される場合があります。

専門機関へ相談を


簡単な確定申告であれば自分で行うことも可能ですが、社会福祉法人ともなると非常に複雑です。また公益性が高いということもありミスは許されませんので、会計事務所などの専門機関へ相談しましょう。

社会福祉法人設立